会長挨拶

公益社団法人 奈良県測量設計業協会
会 長  手 塚 明 宏

 当協会も皆様のご支援のおかげをもちまして、今年で協会設立から38年、また公益法人に移行して5年目をむかえ、これまで、測量業界における県内唯一の団体として果たすべき役割の大きさを認識し、業界の啓発活動、大規模災害時における支援等の社会貢献活動を行ってまいりました。 これまでの協会活動を通じて、協会活動の趣旨や価値観が周知され、国や県及び各自治体をはじめ発注機関の皆様のご理解とご高配に深く感謝申し上げます。 近年、建設業界におきましては生産性向上を目的とした「iコンストラクション」 への転換が求められていますが、我々の業界におきましても、UAV(ドローン)、3次元レーザースキャナ等を活用した効率的な測量新技術の習得が喫緊の課題となっています。 このような新しい技術、質の高い技術の確保と育成につきましても、上位団体であります全国測量設計業協会連合会とのパイプにより広く情報を集めるとともに、計画的に講習会を開催することにより、技術者の継続教育を積極的に実施し、関係機関から信頼される技術者育成を目指し研鑚を積んでいるところです。 我々は「社会基盤整備」の根幹となる測量、設計業務に携わる者として、変化する社会ニーズや進歩する技術に対応できる体制づくりを心掛け、信頼できるパートナーとして「地域社会の安全と活動の基盤づくり」に貢献していくことが責務と考えております。 今後とも関係各位のご理解、ご指導をお願いし申し上げますとともに、地域業界の育成、品質確保の面からも是非、本協会会員を活用賜りますようお願いいたします。                                           


                          

「不当要求防止責任者」
講習受講事業所

当協会員事業所は、「不当要求防止責任者」講習受講事業所です。
 「不当要求防止責任者」とは、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第14条に基づいて、企業、団体、商店などの事業者から選任する不当要求を防止のための責任者のことです。