昭和24年6月3日に測量法が制定 されたことを記念し、平成元年に現国土交通省が6月3日を「測量の日」と主唱しました。その目的は、 測量の意義や重要性に対する国民の理解と関心を一層高める事にあり、測量や地図に関する情報、 知識を国民に普及する運動を展開することになっております。私たち(社)奈良県測量設計業協会では、「測量の日(6月3日)」記念事業の一環として、毎年奈良県内の小学生に地図と測量を中心とする特別体験学習を直接指導します。

<学習内容>

1.講  演テーマ「測量のやくわり」  講師 国土地理院近畿地方測量部
2.標柱建植学校の正確な位置(北緯、東経、標高)を表した標柱を建植する
3.体験学習
@ 歩測コーナー30mの直線を歩測で測定する
A 距離コーナーボールを投げ、歩測と測量機器(光波測定機)の差を求める
B 高さトランシットコーナー目で見た高さと測量機器(トランシット)の差を求める
C 高さレベルコーナー目標A点とB点の目で感じた高さの差を測定機器(レベル)で求める
D GPSコーナー(1)GPS機器の説明
(2)地上から2万kmの人工衛星を使って身長を測定する
E 大仏様コーナー校庭に実物大の大仏様を測量機器を使って描き記念撮影を行う


「不当要求防止責任者」
講習受講事業所

当協会員事業所は、「不当要求防止責任者」講習受講事業所です。
「不当要求防止責任者」とは、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第14条に基づいて、企業、団体、商店などの事業者から選任する不当要求を防止のための責任者のことです。